Chrome でWEBページのソース表示

chromeブラウザの便利な使い方で一つメモ

view-source:(URL)

たまに、WEBページのソースを表示させたいときに使います。chromeのアドレス枠に”view-source:ktamago.wp.xdomain.jp/”などと入れます。

別の方法として、WEBページを表示して、マウス右クリックメニューにある”ページのソースを表示(V)”を選択すれば、同じようにソースが表示されます。